日常の体験を広げて見せる

昨日は、連続クラス・心のコソ練(R)で自分スペシャリストを生きる(別名:ビジネスクラス)の火曜クラスでした。私が喉を壊したため、本来火曜日のクラス日程をリスケしていただいたのです。多忙なみなさんのスケジュールがピタッと合う日があってよかった。
 
この日もまた、心に残る時間になりました。一生忘れたくない、と思える時間です。いろんな意味で胸いっぱいで、まだ言葉になりません。

なので、まずは昨日食べたものをシェアしてみます(^-^) ええ、ちょっと思うところがあるのです。
 

◆◆◆◆◆◆◆
 
火曜クラスの日は家でランチを済ませてから出勤することが多いのですが、昨日はちょっと早く家を出て、前から行ってみたかったお店でランチしました。
 
鎌倉駅西口、改札を出て真正面にあるTRATTORIA INOUEさんです。
 
このお店は、シェアキッチンになっていて、朝はお粥屋さん、夜はちょっとした懐石を食べさせてくれる和食屋さんが入っています。夜は二度伺ったことがあり、あまりの素晴らしさに感動、その後何度か足を運んでみるものの、いつも満席で入れない状態が続いています。
 
昼はイタリアンだったと思いますが、タイミングが合わなくて行けずじまいになっていました。
 
 
この日は、事務所近くの駐車場がのきなみ満車で、江ノ電の反対側の駐車場まで足を延ばしました。そのおかげで、ハッと思い出し、開店直後に入ることができました。

看板メニューを見る限り、気軽に楽しめるごはん屋さんのようでした。

 
 
お店の真ん中に一枚板の大きなカウンターが置かれていて、シェフはそのうえで調理や盛り付けをします。それを囲むように、お客さんが座るという仕組み。まだ人が少ない時間帯だったので、シェフの真正面に座り、料理が仕上がっていく過程をじーっと眺めていました。
 
注文が入ってから、色とりどりの大根やニンジンを一枚ずつスライス、大根にささっと衣をつけてフリットにしてくれます。

 
 
仕上がりがこちら。
おいしい気持ちがほとんど写っていないのが悔しい。…今年は、スマホ写真をもっと勉強しよう…

メインは豚のとうがらし味噌焼きです。ピリ辛加減・みそ加減が絶妙、飯食わせ能力がありながらも味は濃すぎず、大変けっこうな一品でした。このランチなら、毎日食べたい。 
 
15分程度でサクサクっと食べ終え、隣の喫茶店・ヲガタさんで、ゆであずきを食べたいという誘惑をさらりといなして、駅の向こうにある事務所に向かいました。
 

◆◆◆◆◆◆◆
 
火曜クラスも、みなさんが素敵なおやつを持ち寄って下さり、楽しい場になりました。土曜日に写真を撮り忘れたので、すかさず撮影。

 
香りのよいゆであずき、黒糖の味わい豊かな一口サイズのフィナンシェ、オレンジの皮がしっとりと柔らかなオレンジショコラ、顆粒状で手軽に飲めるスパイスティ。
 
どれもこれも、私の大好物です。
嬉しかったなあ…
 
 
ちなみに、この日私が用意したのは、もはや常連となっている銀座あけぼの鎌倉店の草餅と節分の豆菓子でした。
 
…おっと、今度は草餅を撮り忘れた(笑)
 
銀座あけぼのの草餅は粒あん、きな粉の小袋がついてきます。豊かなヨモギの香りと香ばしいきな粉がベストマッチ、甘さ控えめなのがありがたい。これもまた私の大好物です。
 
甘いものがさほど好きではない、と公言しておきながら、好物がいっぱい( ̄▽ ̄;)
 

◆◆◆◆◆◆◆
 
ふだんの3倍くらい甘いものを食べたせいか、夕飯には辛いものが食べたくなりました。そこで思い出したのが、これまた行きつけになりつつあるスパイスハウス ペペ鎌倉の担々麺。スパイスの専門家がガチで作る、別次元の担々麺です。
 
都内で仕事をしている夫に連絡し、鎌倉で待ち合わせる約束をして待つことしばし。あろうことか、口が変わってしまいました(笑)。
 
 
担々麺も捨てがたいが、私の口は、お刺身定食が食べたいと言っている…もはや、自分の口に嘘はつけません。幸い、夫がいつもより早く帰ってきてくれたので、海岸線を西へひとっ走り、平塚にある海鮮料理やさんまで足を伸ばしました。
 
ぱっと見、素敵なカフェ風のお店、旬菜屋NOBUさんは、その名の通り、お野菜もおいしく食べさせてくれるお魚料理屋さんです。
 
ピザとか、地魚フライトか、ちらし寿司とか、魅力的なメニューがたくさんあるけれど、結局いつも、お刺身定食ばかり食べています。

小鉢に入ったお野菜たっぷりのお惣菜や、具沢山の味噌汁が嬉しい定食です。
  

この日のお刺身は、アジ・鮪の赤身・びんちょう鮪・太刀魚・タコでした。おいしいはおいしいんですが、以前よりちょっと元気ないようにも感じられました。閉店間際だったからかな。
 
とはいえ、遠くてなかなか来られないお店にサクッとやってきて、食べたかったお刺身定食を食べられて大満足。帰りも海岸線をツー――っとドライブして、ゴキゲンで帰宅しました。
 

◆◆◆◆◆◆◆
 
結局、いつもの食レポなんですが、今回は少しだけ、いつもと違う意図を持って書きました。連続クラスや満月ヒーリングのフィードバックで、同じメッセージを繰り返し受け取ったものですから。
 
 
それは、自分が今体験していることを、広げて見せるように伝える、ということ。
 
毎日の体験は、そのままにしておくと、紙が折りたたまれるように小さくなって、心の片隅に埋没し、やがて消えてしまいます。そうやって折りたたまれそうになる紙を平らに広げ、そこにある体験を記録しておこう、というわけです。
 
私はつい、ブログやメルマガにテーマやオチを求めてしまうので、日々の体験をただ書くことにうっすら抵抗を感じたりもします。それをわきに置いて書いてみたのが、今日の記事です。
 

◆◆◆◆◆◆◆
 
記事を書きながら、第二のホームタウン・安曇野で、数々のお気に入りのお店と出会ったきっかけを思い出しました。その多くが、偶然出会った方たちとの何気ないおしゃべりや、安曇野に移住した方が書いたブログの何気ない一言だったんです。
 
おそらく二度と会うことのない、もしくは決して会わないであろう人たちの言葉がきっかけで、メジャーな観光サイトやグルメサイトには載っていないスポットにたどり着き、それ以降ずっと通っている。
 
それって、すごいことだよな。
 
誰もが気軽に情報を発信できるこの時代、自分の何気ない言葉が、自分のあずかり知らぬところで、誰かの役に立つかもしれない。
 
それもすごいし、面白い。
 
 
改めて、すごい時代に生きていることを実感したら、自分の何気ない一日について書くことが、ただシンプルに楽しいな、と思えました。なんだか、20年以上前に戻った気分です。ドキドキしながら、ネットで情報発信を始めた頃の気分に。
   
思いがけずこんな気分になれたこと、いつもとはちょっと違った意図をもってかけたことが、今後どんな体験につながるんだろう。これもまた、楽しみです。
 
やってみて、今後の体験を楽しみに待つ。
ある意味これも、コソ練ですな。

  
  
長文におつきあい下さり、ありがとうございました。次回は、1月の火曜クラスで感じたことを言葉にしてみようと思います。

関連記事

  1. 心のコソ練(R)って?

  2. プラグ&リリース

  3. 天の采配、こうきたか

  4. 2週間、「自分」をやめてみる。

  5. きっとそうなるよ(^ー^)

  6. それを体験したい、と意図すれば、自分にわかるように答えがやってきます。…

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別投稿