牡蠣喰らふ旅2019

毎年2月恒例・牡蠣喰らふ旅に行ってきました。今年は、久しぶりの的矢(三重県)です。
 
もう7~8年前になるでしょうか。
定宿にしていた鳥羽のホテルで、深夜にマッサージをお願いしたことがありました。そのときに来てくれたシャッキシャキのおばちゃんが伊勢志摩の牡蠣事情について、いろいろ教えてくれたのです。的矢牡蠣や、ずっとお世話になっている今回の宿を知ったのも、このときです。
 
三重県の地域ブランドとして認定されている的矢牡蠣は、特殊な浄化法で栽培されており、安心して生食できることで知られているそうです。その筋では、結構有名みたい。
 

◆◆◆◆◆◆◆ 

今回の宿泊先は、どどーーーんと食事を出してくれるタイプの旅館です。最近は、量より質の宿を選ぶことが多いので、久しぶりの感覚です。
 
数年前にこの旅館を訪れたときは、牡蠣のほかに、松阪牛やら伊勢海老やらがついてくる超豪華な夕飯を選んでしまい、エライことになりました。その反省を生かし、今回は、シンプルに牡蠣だけを楽しめる夕飯を選びました。

前置きが長くなりましたが、夕飯のお写真だけご覧いただきたいと思います。
 

◆◆◆◆◆◆◆ 

こちらが、お品書き。
ここまで「牡蠣」の文字が並ぶと見事です。

 

最初は前菜。

時雨煮・南蛮漬け・なめろう…当然ですが、すべて牡蠣です。以前訪れたときより、前菜が洗練された印象です。

 

次に、御造里。

ホントに牡蠣ばかりのメニューなので、お刺身で口直しできるのがありがたい。
 
以前は、皿一杯にヒラメのお刺身が出てきた記憶があります。超~うまいんだが、量が多すぎて、最後は拷問になっちゃった(笑)
 
今回は、盛り合わせになっているのが嬉しい。
どれもおいしかったけど、やはりヒラメがピカいちでした。ぷっきんぷっきんで超~新鮮。
 
 
久しぶりの生牡蠣。

前回訪れたときは「保健所の検査の結果、栄養価が高すぎる」という謎の理由で、生牡蠣を出してもらえなかったのでした。
 
私は牡蠣が好きなので、そのままでもイケますが、レモンを絞って食べるほうがおいしいかな。ほんのわずかに残っている磯臭さが消えます。
 

 

牡蠣のスープ。

薄衣のついた牡蠣がちゅるんとおいしい。
大変上品なお味でした。
  

牡蠣のお寿司。

目に華やかな一品でした。
もちろん、おいしい。
 

牡蠣のかぶら蒸し。

すり流して蒸したカブがふわっふわ。
ゆずの風味がさわやかでした。
 

牡蠣蕎麦。

牡蠣の天ぷらが乗った茶そばです。
衣がサクッとしておいしい。
おつゆは、あんかけ仕立てになってます。
この時点ですでに満腹だったので、完走するために、おそばを食すのを諦めました。
 

焼き牡蠣。

固形燃料を使って、卓上コンロで焼き上げます。お鍋に入るサイズの小ぶりな牡蠣でした。
 

みそ仕立ての牡蠣鍋。

八丁味噌独特の甘みとコクが牡蠣とベストマッチでした。
お腹いっぱいだったけど、後引くおいしさで、結局完食。
  

いよいよ登場、名物の牡蠣フライ。

地元のとんかつ屋さんで食べる牡蠣フライも相当イイ線いってますが、この牡蠣フライは次元が別。

衣が薄くって、サックサク。そして軽やか。
この牡蠣フライをおいしく食べたら、もう満足です。
私の夕飯は、これにて終了~♪
 

牡蠣飯。

私は食べるのを放棄したので、夫のを撮らせてもらいました。
ご飯のほかに、赤だしのお味噌汁と香のものがつきます。
 

食後のデザート。

すべて一口サイズなんで、ぺろりといけます。
 

◆◆◆◆◆◆◆ 
 
このお宿の夕食では、一番シンプルな牡蠣のコースにしましたが、これで十分お腹いっぱいです。お蕎麦やご飯がなくてもいいくらい。
 
満腹でクラクラになりながら部屋に戻り、夫婦で「この量の旅行メシはもうキツイね(笑)」と話し合いました。
 
かつては、牡蠣を食べるためだけに、片道10時間弱かけてやってくるのが楽しみでした。今は、というと、近場の旅行に慣れ過ぎて、長距離の移動がキツい(笑)。
 
時の流れとともに、ものの見方や感じ方、快適さの尺度が変わることをしみじみ実感した旅になりました。

次回は、帰り道に食べたもののお写真をご覧いただこうと思います。

関連記事

  1. 古い10年の終わりと新しい10年のはじまり。

  2. デトックス日記2:これがホントのリセット休暇だったんだ!

  3. 2019年のはじまりによせて

  4. やっちまった銀婚式

  5. 身体のデトックスはじめました。

  6. 合宿の下見に行ってきました。

  7. 事務所のお引越し(2)

  8. 移動10時間・滞在20分、それでも楽しいぶどう買い。

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別投稿